ちょいワル親父持てる男のヘアスタイルー津川雅彦ー

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

津川 雅彦(つがわ まさひこ、1940年1月2日生 )

自身が代表取締役を務めるグランパパプロダクションに所属する俳優。
京都市中京区出身。血液型O型。
本名は加藤 雅彦(かとう まさひこ)。
京都の洛星中学校、早稲田大学高等学院中退。明治大学付属中野高等学校、
文化学院短期大学卒業。
監督名・マキノ雅彦として「寝ずの番」で映画監督デビューもしている。
また、おもちゃのお店も営んでいる

津川雅彦は、芸能一家に生まれ日本を代表するベテラン俳優の一人で、映画、
テレビに出演している。デビュー当時は、美少年俳優として絶大な人気を誇った。

その後、伸び悩んだ時期もあったが、中年以降は悪役として注目され、老年に入ると
円熟味のある存在感で幅広い役柄をこなしている。

ファッションセンスはピカイチで、穴の開いたジーンズも颯爽と着こなしている
そのため若い女性からも人気があり、自身も合コンが大好きだそうで、合コン仲間に
奥田瑛二、明石家さんま、高橋克典がいる(高橋はこの面子だとどうしても年齢的に
パシリにならざるをえないらしい)。
趣味はメールで、絵文字が大好き。芸能界きっての食通でもある。

一人娘の真由子を溺愛しているのは有名、溺愛の理由には、真由子が
1974年に生後5か月で誘拐された経験が一因となっているのではと思われる

お笑いタレントの松村邦洋には、「サラリーマン金太郎」の大和会長役で
モノマネされているが、本人は首を振っていないのだが、津川本人は松村に
「松ちゃんが首振るから僕も今度から首を振ることにしたよ」などと語っていて、
本家がモノマネ芸人に合わせるという本末転倒なことになった
(このエピソードは松村が雑誌のインタビューで答えていたとのこと)。

『葵徳川三代』で演じた徳川家康の真似もされている。

時代劇には数多く出演しており 「独眼竜政宗」(1987年 NHK大河ドラマ)、
「徳川武芸帳・柳生三代の剣」(1993年 テレビ東京)、「家康が最も恐れた男・真田幸村」
(1997年 テレビ東京)、「葵徳川三代」(2000年 NHK大河ドラマ)、
「戦国自衛隊 関ヶ原の戦い」(2006年 日本テレビ)と、徳川家康役を五回も演じており、
最も家康が似合う俳優と見られている(特に老年期の家康)。