モテる男のヘアスタイルー内野聖陽ー山本勘助晴幸

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

内野聖陽(うちの まさあき 本名同じ、1968年9月16日生 )
神奈川県出身
俳優
血液型AB型
身長177cm
文学座所属

実家は寺。世田谷学園中学・高等学校を経て早稲田大学政治経済学部卒。
翌年に研修科1年となり、1997年に座員となった。

1996年のドラマ『ふたりっ子』(岩崎ひろみ演じる妹・香子と将棋を通して
結婚も離婚する森山役)に出演。アク・クセのない端正な容貌とともにそれを
上回る確かな演技力が視聴者をつかんだ。

主演ドラマ『蝉しぐれ』の牧文四郎役と、2004年のドラマ『エースをねらえ!』の
宗方仁はかなりのはまり役で、この2作で更に新しいファンが大きく増えた。

舞台では舞台を実力・動員で牽引したのは客演も多数。

現在もストレート・プレイを活動のメインとしているが、更なる表現手法の開拓・
増幅を目指し2000年に「エリザベート」でミュージカル出演も果たす。
出演は内野の表現法・私生活(後述)においてターニングポイントになった。

蝉しぐれの主人公牧文四郎を演じて、放送文化基金出演者賞と主演男優賞を受賞した。

実直で気遣いができる善良な内面性も関係者・内野を知るファンの間では好評を博している。

私生活では「エリザベート」で知り合い交際を続けて一路真輝と婚約発表(2006年5月)。
同年7月に一路が妊娠していることがわかり7月末に入籍(公表は8月)、10月に一路が女児を出産。

2007年NHKの大河ドラマ「風林火山」で山本勘助晴幸を演じる

山本勘助晴幸とは武田信玄の軍師。生年生地には諸説ある謎の人物で若い頃から諸国を遍歴し、
軍略や築城術などの兵法を身につける。武田晴信(後の信玄)の武将としての器に惚れ込み、
晴信の天下取りを補佐すべく武田家に仕官する。

合戦の作戦を立てるだけでなく謀略にも優れ、戦わずして数々の勝利を武田軍にもたらす。
晴信の側室、由布姫を敬慕し、二人の子・勝頼が武田家の跡継ぎになるべく画策する。
川中島の戦いで自ら編み出した啄木鳥(きつつき)の戦法を上杉謙信に見破られ、命を落とす。



商品購入
蝉しぐれ

価格:¥7,722
発送時期:通常24時間以内に発送

【商品詳細】

藤沢周平の長編時代小説のドラマ化。
東北の小藩に生きた下級武士の息子の波乱に満ちた青春模様が、奇をてらうことのない正攻法で描かれている。

義父・牧助左衛門(勝野洋)が藩の世継ぎ争いの陰謀に巻きこまれ、ついには切腹させられてしまう。反逆者の子という烙印を押された文四郎(内野聖陽)は、その屈辱に耐えて勤めと剣術に励み、仇である主席家老・里村左内(平幹二郎)への復しゅうを誓う。

社会の理不尽に直面する中で、義を見てせざるは勇無きことかとの決断を迫られる主人公の耐え忍ぶ姿、ひたむきな思いが切々としていていい。文四郎とふく(水野真紀)との宿命的な関係も物語の見どころ。
敵方の松明を避けるため、舟底に横になって身を潜める場面の美しさたるや。
月明かりに照らされる2人の絡み合う姿には息をのむ。
また、闇に真剣の輝きだけが鈍く光る殺陣も迫力満点だ。

ただ、ほとんど忍術のような秘剣村雨の再現には、肩透かしを食わされた気分。(麻生結一)





商品購入
エースをねらえ! DVD-BOX

価格:¥17,955
発送時期:通常3〜4日以内に発送

【商品詳細】

スポ根少女コミックの金字塔、『エースをねらえ!』を初めて実写としてドラマ化。
西高の入学式の日、テニスコートで華麗にプレーするお蝶夫人(松本莉緒)に魅せられて、
岡ひろみ(上戸彩)はテニス部への入部を決意する。ひろみの腕前は、高校からテニスを
はじめた初心組の中でも下位レベル。ところが、新任のコーチ・宗方(内野聖陽)は
地区大会の選手としてひろみを抜擢する。

あの『エースをねらえ!』の世界観を実写で再現することは難しかろうという先入観は、
あっさりと裏切られる。下手な小細工などせずひたすら原作に忠実であろうとした姿勢や、
ケレン味なくスポ根ドラマとしてのあり方を徹底させた点が効を奏して、暴挙とも思えた映像化
の試みは予想以上に上手くいっている。誠実に原作と向き合った上で、長編ロマンのボリューム
を全9話に凝縮させた脚色もお見事。

お蝶夫人や宗方といったコミックでしかありえないと思われた強烈なキャラクターたちが、
模倣を超えて人間ぽく描かれているあたりも意外だった。
もちろん、モノローグの嵐、心の声の凄みといった『エースのねらえ!』の『エースをねらえ!』
たるよさは満載で、ノスタルジーを乗り越えて青春の熱い思いがドラマティックに伝わってくる。
(麻生結一)