ちょいワル親父ー田村正和ー

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

田村 正和(たむら まさかず、本名同じ。1943年8月1日生)

俳優
京都府京都市右京区出身
身長172cm
体重54kg
成城大学経済学部卒業
新和事務所所属

阪東妻三郎の三男で、長兄の田村高廣、弟の田村亮と共に、
「田村三兄弟」と呼ばれる。次兄は田村俊磨、異母弟に
俳優の水上保広。家族は妻と娘がいる。

1961年高校在学中に映画『永遠の人』で俳優デビュー。
時代劇『眠狂四郎』、コミカルな現代ドラマ『うちの子にかぎって…』
や『パパはニュースキャスター』、そして刑事ドラマ『古畑任三郎』
への主演で知られる。老若男女を問わず幅広い世代の人気を得ており、
田村三兄弟の中でも最も知名度が高く、日本を代表する男優の一人である。

兄の田村高廣の映画『旗本愚連隊』の撮影現場を見学に行った際に
スカウトされ、同映画の端役としてデビューした。

体格も華奢で声も通らないためか、映画では兄ほど成功しなかったが、
線の細いナイーブな二枚目青年として、テレビドラマや映画に多く出演していた。

70年代中頃まではテレビ時代劇『眠狂四郎(関西テレビ系列)』に
代表されるようなニヒルでクールな、そして「憂愁の貴公子」とさえ呼ばれる
ような憂愁を帯びた役柄に限られていたが、テレビ時代劇『若さま侍捕物帖』
あたりから、軽やかで明るい役柄も演じるようになり芸域を広げていった。

40歳を過ぎた1984年、それまでの路線を完全に覆すようなコメディドラマ
の主役に抜擢された。TBS系列の『うちの子にかぎって…』である。
ちょっと頼りなく優柔不断で生徒に振り回される小学校の先生役が見事に
はまり大ヒット。以降数々のコメディドラマにも主演した。
ホームコメディに多く出演し成功をおさめている。

恋愛ものではキャラクターである二枚目でダンディな男性を演じ、
夫婦ものでは悩み多きコミカルな夫、55歳を過ぎてからは頑固で涙もろい
父親役など、幅広い役柄で主演し、テレビドラマ界随一の主演スター
としての地位を築き、本人もある時期から自身を「テレビ俳優」と位置
づけるようになった。

刑事古畑任三郎役では和製刑事コロンボともいえる新境地を開き、
10年以上にわたって演じる当たり役となった。

若くして映画に主演した当時には、その責任の大きさを理解できず、
自身の役者としての力について考えることはあまりなかったという。
テレビの世界に入り、有名劇団で鍛えられてきた俳優達に囲まれて
初めて自分の力のなさになさに気づいたといい、それ以降の努力は
相当なものであったと想像される。

撮影時には絶対にNGを出さないことで有名で、脚本も自分の台詞
だけではなく相手役の台詞まで全部覚える程であり、現場はいつも緊張感が
漂っているという。

パーマでボリュームを持たせ、襟足が長い独特の髪型は、1987年の
『熱くなるまで待って!』で漫画家役を演じた以降から定着した。

多く見られるのは、真ん中から分けるスタイルだが、
70年代後半までは7:3分けのほうが多かった。

映画『日本の黒幕』あたりから襟足まで長く伸びたボリュームの
髪型が登場している。余談ながら、この作品での役名は今泉であったため、
劇中で古畑が「今泉君」と呼ばれているミラクルを観る事ができる。

翌年の『松本清張・地の骨』では再び 7:3分けに戻ったが85年の単発ドラマ
『地底の殺意』以降は大半が真ん中分けとなっている。

93年前後では肩近くまで伸びていた時期もあったが、同年末の連続ドラマ
『カミさんの悪口』ではサッパリと整髪されていた。

2000年以降は、分け目を真ん中にしながらも前髪をあまり垂らさない
オールバックに近いスタイルが多く見られる。

2002年の『明智小五郎対怪人二十面相』では、当時59歳の田村正和が
明智の初老期と往時(回想シーンのみ)まで演じたが、その折は前髪を
長く垂らして若き日を強調。オールバックも披露した。

また当時46歳だった『過ぎし日のセレナーデ』では前髪を垂らし30代を演じ、
カツラと老メイクで60代を演じている。

古畑任三郎FINAL DVD-BOX
古畑任三郎FINAL DVD-BOX
ポニーキャニオン
price : ¥9,857
release : 2006/05/17

本当にラストなの?

和製「刑事コロンボ」の古畑シリーズのラスト3作を収録した、お買い得品です。

国民的アイドル?となった古畑任三郎の最後の事件(基本的にスペインの日本大使館での殺人事件の後日譚)を超豪華ゲスト(イチロー、石坂浩二、松島奈々子)を迎え、情緒豊かに描かれている。
最後の「ラストダンス」で双子の妹を殺害した姉(松島奈々子)とダンスホールで二人だけでダンスを踊るシーンが、何か物悲しい場面。
しかし、これで本当に最後とは思えない。
本家「刑事コロンボ」も還暦のピーターフォークが新シリーズを続々発表したじゃない。
古畑も警部補から警部に昇格し、今泉・西園寺両刑事を従えて是非SPでもいいから復活してほしいものである!