ちょいワル親父モテる男ー寺尾聰ー

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 生)
俳優、歌手、ベーシスト
神奈川県横浜市出身。俳優・宇野重吉の長男
サングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマーク
文化学院大学卒業、ほっぺにホクロが二つあることからボッペという仇名も

1964年に奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成しベースギターを担当。1966年に『いつまでもいつまでも』でレコードデビュー。大ヒットするが、グループを脱退。

1968年、三保敬太郎を中心としてザホワイトキックスというグループ・サウンズに参加、シングル一枚を出して解散

同じ年には映画『黒部の太陽』で俳優デビュー。
これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として主にテレビドラマに出演。

『ルビーの指環』を石原プロ関係者に聴いてもらったところ、「こんなお経みたいな曲が売れる訳がない」と小林専務は難色を示したが、石原裕次郎の一言で、レコード化が決定した。

1981年、ヨコハマタイヤのCM曲だった『ルビーの指環』が大ヒットし日本レコード大賞を受賞。「ザ・ベストテン」で、『ルビーの指環』、『SHADOW CITY』、『出航 SASURAI』が3曲同時にベストテンにランクインされベストテンにランクインされ、栄誉を讃えた真紅の記念シートが設置された。ヒットも有り、本格的に音楽活動を再開し、翌年には全国縦断ツアーを行う。

「貯金箱を壊してコンサートの切符を買いに来たのに、入場できなかった子供がいた」ということを聞き、激怒。このツアーに込めていたファンへの感謝の思いを寺尾は、スタッフに対しての不信感を募らせ、以降の一切のマスコミ取材を拒否し、所属する石原プロはその対応に追われた。興行としてのコンサートという石原プロとの考え方の相違も有り、石原プロ首脳(小林専務)と寺尾の関係が悪化。

宇野重吉と石原裕次郎は昵懇の仲であり、石原は寛容な気持ちでその後の寺尾の活動を見守った。

その後80年代後半から『乱』『夢』『まあだだよ』の黒澤明作品に続けて出演し、奥深さを学ぶ。

01年、黒澤明の遺稿となる『雨あがる』に主演し最優秀主演男優賞を受賞。日本レコード大賞と日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を両方獲得しているのは寺尾1人だけである。俳優として円熟期に入り好評価を得ている。

妻は、1979年秋の資生堂CM『微笑みの法則』に出演したモデルの星野真弓。西部警察の九州ロケで共演している。

2005年7月7日、「CLUB CITTA」(神奈川県川崎市)でのライブを期に18年振りに歌手活動を再開。