モテる親父ー村上弘樹ー

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

村上弘明(むらかみ ひろあき、1956年(昭和31年)12月22日生 )

俳優
岩手県陸前高田市出身
血液型はA型

村上弘樹は子供の頃から成績がよかったため両親・親戚の期待を受け、
宮城県気仙沼高等学校卒業後、医者を志して東北大学医学部を受験するが不合格。

仙台にて浪人生活を送るが医学部進学をあきらめ法政大学法学部に進学するが
中退して芸能界へ進む

テレビシリーズ『仮面ライダー(スカイライダー)』でデビュー。
ゲスト出演はスカイライダーのみで筑波洋としての出演は無く、
村上弘明が仮面ライダーにまつわる仕事を避けているという風評があった。
これは所属事務所の方針で仮面ライダーに関連する取材等をひかえていた
という事情で、実際には、関連書籍のインタビューに応じたこともあり、
映画『ジュリエット・ゲーム』では、劇中で変身ポーズを行っていたりもしている。

村上弘樹自身は最近では仮面ライダーに関して語る機会も増えている。

1985年の必殺スペシャル第5弾『必殺仕事人意外伝 主水、第七騎兵隊と戦う
 大利根ウエスタン月夜』以降、レギュラー出演した必殺シリーズ。に出演をきっかけに
時代劇への出演が多くなる

ルックスとスタイルからトレンディドラマへの出演が多かったが、
時代劇への出演が地位を確立していく。

NHK大河ドラマにも比較的重要な役で5回出演しており、
初出演は1985年『春の波濤』次いで1988年『武田信玄』で農民から一城の主となる
異色の武将高坂昌信役を演じた。1993年『炎立つ』では第二部で主演となる藤原清衡を演じた。

1996年『秀吉』での明智光秀役は大変評価が高い。1999年『元禄繚乱』でも、
準主役級の柳沢吉保役を演じた。

近作ではテレビ朝日の「八丁堀の七人」で演じた、青山久蔵役が当たり役で、
新たなファン層を獲得、同「銭形平次」にも主演している。

金曜エンタテイメント(フジテレビ系) 津軽海峡ミステリー航路シリーズが、続いている


渋谷物語
渋谷物語
東映
price : ¥5,460
release : 2005/06/21

歴史的任侠

安藤昇の自伝を基に作られた映画で、主観が強いものとも思えましたが、愉しんだと思います。

 戦後日本の渋谷を一時期支配した安藤氏は極道の新星でした。

私は極道というよりは、明石屋万吉のような任侠さんには興味ありますし、現在で言う、暴力団とは一線を画す、渡世人には実に愛着がありますね。

 堅気の衆には迷惑を掛けないという姿勢がいいです。

 世の中、どうしても体制には組み込まれない人間がいます。気はいいのですが、不器用だし何をやりたいのかわからない。そんな人間が、街をウロウロしていては困りますから、こういう人間をまとめて、彼らなりの掟の中で生きてもらうことは、一つの必要性とも考えるのです。

 いまは、法律によって彼らの行動を厳しく取り締まるようになっていますが、それが帰って、善良なる市民社会に潜伏させ、素人でも売春を行ったり、麻薬を嗜んだりするようになっています。

 或いは、この区画は極道さんが仕切っていると、はっきりレッテルを貼れるような土地があったほうが、一般人としては、近づかないし、近づくなら近づく覚悟をしてその街に出入りできるのです。

 法律というのは諸刃である場合が多いなと、そう感じるわけです。