ちょいワル − 阿部寛 −

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

阿部 寛(あべ ひろし、1964年6月22日生)

俳優・声優
神奈川県横浜市神奈川区出身
血液型A型。身長189cm

愛称は「阿部ちゃん」
茂田オフィス所属

横浜市立松本中学校、神奈川県立白山高等学校、一浪後、中央大学理工学部電気学科卒。

姉の進めと商品の車を目当てに「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」へ応募し、見事優勝。以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍。

阿部寛は『メンズノンノ』の表紙を創刊から43号まで連続し表紙を飾り、「世界で最も『同じ雑誌の表紙を連続して飾った人物」として『ギネスブック』に掲載されている。

1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー。また、アイドルとして1988年にアルバムをリリース。同年以降は俳優を主として活動するも、デビュー以降二枚目の仕事ばかりで(本人はこの時、本当に危機感を抱いていたという)、作品や役に恵まれなかったりして不遇の時代を過ごす。本人の著作によれば1992年に高倉健がNHKのドラマに出演すると聞くと端役で出演。何か小さいことでもヒントを得ようとしたと書かれている。

1993年、つかこうへい氏作の舞台『熱海殺人事件』で演じた主役のオカマ部長刑事役が転機となり、次第に単なる長身二枚目俳優ではなく、演技力も兼ね備えた実力派としての地歩を固め始める。

1994年、『しのいだれ』(細野辰興監督作品)で憧れだった役所広司と共演を果たし、『凶銃ルガーP08』と二本併せて日本プロフェッショナル大賞特別賞に輝く

1995年のNHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」で有能な老中松平乗邑役を好演したのを皮切りに、時代劇への出演も増え、特に大河ではその後元禄繚乱(2000年)、武蔵 MUSASHI(2003年)、義経(2005年)などで重要な役どころとして立て続けに出演し、常連俳優となりつつある。

実力派として一定の地位を確保した2000年、仲間由紀恵と共演したドラマ『TRICK』では、劇中で自身のモデル当時の写真を自虐ネタとして多用するなど徹底して三枚目の役を熱演。この転身の成功により、以降二枚目から三枚目までの役柄を幅広くこなす俳優として活躍をしている。

また、2005年に出演した映画『姑獲鳥の夏』がきっかけで京極夏彦の著作である『百器徒然袋』のあとがきを担当。映画に出演してみての感想を書いている。

テレビドラマ『ドラゴン桜』『結婚できない男』など、雰囲気のあった当たり役も多く、「2006年上半期がんばった大賞」で、『結婚できない男』の熱演から、がんばった大賞を受賞。

2006年3月11日に公開された映画『真救世主伝説 北斗の拳 〜ラオウ伝 殉愛の章〜』ではケンシロウ役を担当。神谷明の声に馴れ親しんできたファンが多いために当初は配役が疑問視されていたが、実際の阿部寛の演技には神谷明と共通しているものがあり、ファンからはとても好評であった。


結婚できない男 DVD-BOX
結婚できない男 DVD-BOX
ポニーキャニオン
price : ¥18,720
release : 2006/12/20

【商品詳細】

恋愛も結婚も必要ないと独身を貫き通す四十男の文字通り、「結婚できない男」ぶりがせつなくもキュートな、大人のための癒し系コメディ。

建築家・桑野信介(阿部寛)はその偏屈な性格が災いしてか、いまだ独身。仕事へのこだわりのあまりに商談が不成立になることも珍しくないが、キッチンを中心とした温かみあふれる家作りには定評がある。

ある夜、隣の部屋から発せられる騒音に対抗するべく、ステレオでクラシック音楽をボリューム全開に流して得意げになっていた桑野は、突如腹痛に襲われる。救急車を呼んだ行きがかり上、その隣人であるOLの田村みちる(国仲涼子)は病院まで桑野に付き添うことに。

桑野は肛門の検査をしようとする当直医の早坂夏美(夏川結衣)に対して、断固診察を拒否する。

首尾一貫して主義主張を曲げないスタンスから、結婚しそうな雰囲気をまったく醸し出さない主人公・桑野を演じる阿部寛の性格演技はケッサク中のケッサク。

一人焼肉屋、一人ビアガーデン、一人金魚すくい、一人手巻き寿司と連打される一人ぼっちぶりに加えて、折々繰り出されるウンチクの数々も気難しさの極点。

キッチンの掃除法やお好み焼きの焼き方にいたってはもはや様式美さえも漂わせて、その独善ぶりは回を追うごとにさらなる筋金入りとなっていく。

もはやそこにいるだけでもおかし味をにじませる桑野と、桑野に劣らず「結婚できない女」ぶりを発揮する夏美との掛け合いは患者と内科医の関係性を越えて、ついには人生相談の域に。

そんな丁々発止ぶりをはじめとした、あるあるとうなずきたくなるような粒立ちのいいエピソードの数々にはクスッと出来ること請け合いだ。悲しいやら、愛おしいやら、おかしいやらのない交ぜに登場人物たちのアンサンブルも絶妙な、2006年を代表するドラマである。(麻生結一)



おこずかい貯めて買いますっ!

こんなに面白いドラマは、何年ぶり・・いや、初めてかもしれないと思えるほど面白かったです。
ケンちゃんも本当に可愛かったです。
一番お気に入りの回は、ケンちゃんを桑野さんが、預かることになった回。
ケンちゃんが居なくなった時の、あの桑野さんの姿には、ビックリ。
あと、阿部さんが、ウォーキングマシーンでありえない速さで歩いてる(?)ところや
ケンちゃんとのきゅうりのやり取り・・などなど、他にも好きなシーンがいっぱい。
何度も観たいので、DVD-BOX買います!