ちょいワル親父ー時任 三郎ー

人気芸能人のヘアスタイル

自分もあんな風に!って。。。憧れますよね。
でも、ヘアスタイルをまねたからって、その人と同じように見えるわけ
ではありません。顔の型によって似合うヘアスタイルも違ってくるのです。

まずは自分の顔の型をチェック!!
そして、どの芸能人のヘアスタイルが自分に合うか考えてみましょう。

むだなヒゲに困ったら


モテる男はレーシックで近視を治す!

時任 三郎(ときとう さぶろう、1958年2月4日 生 )

俳優、歌手。
東京都世田谷区出生、大阪府松原市出身
身長188cm、体重84kg、
血液型O型。
レプロエンタテインメント所属。

1973年大阪市立工芸高等学校・木材工芸科(現インテリアデザイン科)に入学。
1976年、大阪芸術大学デザイン学科入学。その後バンド活動をはじめ、
1980年CDデビュー。1981年には虹色の森TBSでドラマデビュー。

1988年に三共が発売したリゲインて、「24時間タタカエマスカ」という
キャッチコピーと共に、初代CMキャラクターに起用される。

1989年に入り「牛若丸三郎太」というキャラクターに扮し、
後にCD化された「勇気のしるし」をCMで歌ったところ、大評判となる。

同曲は、オリコンシングルランキングTOP10に入る快挙(最高位2位)を
累計で60万枚以上を売り上げる。TOP10入りするが、「鞍馬山で修行中」理由で
出演を辞退する。

「一度は生歌で聴きたい」という声にヒットスタジオSUPERにて牛若丸三郎太として出演、
突如現れ生歌を披露した後、突如消え去った。

子煩悩であることで知られる時任は、1999年、子供をのびのび育てたいと
家族でニュージーランドに移住。この間仕事は殆ど入れずに、
時間を家族とのふれあいに使った。子供が大きくなり、子育てがひと段落した
ことから2003年に帰国。

Dr.コトー診療所(2003年、CX)  プライド(2004年、CX)  愛し君へ(2004年、CX)
Dr.コトー診療所2004(2004年、CX)  アイ'ム ホーム(2004年、NHK)  海猿(2005年、CX) 
Dr.コトー診療所2006(2006年、CX)など、すばらしいテレビドラマに出演している

時任三郎さん本人は出演していないが、「古畑任三郎」は、タモリが笑っていいともに
時任三郎が出演した際に出演した際、タモリが名前を「ときとうさぶろう」ではなく
「ときにんざぶろう」と冗談で読み、その話を偶然耳にした三谷幸喜が、
その話を元に名づけたものらしい



ふぞろいの林檎たち DVD-BOX


【商品詳細】

「ふぞろいの林檎」とは規格外のために店頭に並べられないリンゴ、おちこぼれの意味。
社会的におちこぼれとされる四流大学生たちの青春を描いた山田太一脚本によるTVドラマである。

1983年に放映され若者を中心に人気を呼んだ本作は、のちにシリーズ化もされた。
出演は中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、手塚理美、石原真理子、中島唱子。
また寺山修司最後の秘蔵っ子である女優、高橋ひとみがTVドラマデビューしたことでも知られている。
第1話のタイトルになっている「学校どこですか」は、三流、四流大学に通う学生が
最も聞かれたくない質問からきている。学校名で人間性までもが判断される学歴社会で
の苦悩、就職、恋愛など若者にとってリアルな問題を取り入れたドラマ性は、時代の空気を
切り取りながら、時代を超えて共感を生むものとなっている。

またサザンオールスターズの『いとしのエリー』などの曲が作品を見事に彩っている。(井上新八)





アイ’ムホーム 遥かなる家路 DVD-BOX


【商品詳細】

記憶を失ってしまった男が自分の過去を振り返る中で自らを再生させていくまでの心の軌跡を描いた静かなる感動作。

単身赴任先の青森で火事に遭い、その後遺症で過去5年間の記憶をなくしてしまった家路久(時任三郎)は、4年前にかつて妻だったカオル(紺野美沙子)とすでに別れているも、離婚の記憶も一緒に失ってしまったために、ふと気がつくとカオルの家に帰宅してしまっている。

カオルとの間の娘・スバル(星井七瀬)はそんな久に呆れつつも、やはり放っておけない。久は改めて新しい家族の元へと家路につくが、現在の妻・ヨシコ(戸田菜穂)と息子・ヨシオ(鶴八雲)は見覚えのない他人として、その顔は仮面に見えてしまう。

記憶の喪失というカセによって生み出される、求めているのに拒絶されてしまう昔の家族との関係性と、逆に求められているのに大いなる距離感を感じてしまう今の家族との関係性は、いつしか見ているものの身近で現実感のある出来事のようにも感じられてくる。

そのあたりの普遍的なジレンマが非リアリティの物語に散りばめられることによって、何とも物悲しい雰囲気が醸し出されていくあたりこそがこのドラマの秀逸なところだ。

記憶の断片が連なっていく中で、冷酷な人間だった主人公の過去がついにひも解かれていくあたりから、次第に円環していく最終盤にまで引き継がれるミステリアスな展開は、最後の最後まで大いに惹きつけてはなさない。

見知らぬ現実に翻弄される主人公を飄々と演じる時任三郎も好演だが、まるで鏡像関係にあるような新旧2人の妻、カオル役の紺野美沙子とヨシコ役の戸田菜穂の熱演もまた心を打つ。こういう大人の鑑賞に堪える作品は大変貴重である。(麻生結一)